Awesome miner<その5> ルール設定で自動化

Awesome minerには他にも一定の条件をトリガーにある動作を実行する(リモートのリグに実行させる)機能があります。

この機能の使い方はまさしく工夫次第でいろんなことができるのですが、たとえば

温度が75度を超えたら、マイニングを中断し、Eメールを送る(Eメール送信機能は有料バージョンのみ)であるとか、

あるいは、決められた曜日の決められた時間になるとプール(通貨)を変更してマイニングを開始する、など

いろんな事ができます。

思いついた利用方法としては、電気代が高額な日中は消費電力の低いCryptoNightのコインを掘り、電気代が安い夜間は別のコインに切り替える、とかでしょうか。

もちろんNiceHashなどでもおなじみの、PCがアイドル状態の時だけマイニングする、などの設定も可能です。

Awesome miner<その4> 収益計算で採掘する通貨をスイッチ

Awesome minerの大きな特徴のひとつが、自動収益計算による採掘通貨のスイッチ機能です。

これを使用するには、リグごとに、各アルゴリズム別のハッシュレートと消費電力のプロファイルを作成します。

上記はGTX1070を4枚搭載したリグの例です。

このプロファイルをもとに、Awesome minerはwhattomineから定期的に取得した情報と照らし合わせて、最も効率の良いコインを自動的に採掘し続けます。

この他、前述のとおりNiceHashやMining Pool Hub、Zpoolにも対応し、それぞれもっとも効率の良いアルゴリズムに自動で切り替えてマイニングを行うこともできます。

正直、スイッチによる効率アップの程は検証していませんが、常に効率の良い方法に切り替えてくれている、という安心感と、

「おっ、SIB掘り始めた。30USD/日?いいぞ、どんどん掘れ!」

みたいに眺めていられるのはなかなか楽しいものです。

Awesome miner<その3> マイニングソフトの設定

マイニング初心者の方がいろいろ自分で調べて最初につまずくのが、マイニングソフトの導入と設定(バッチファイルの編集)ではないでしょうか?

Awesome minerはccminerやClaymore Dual minerなど、主なマイニングソフトを自動でダウンロードしてくれます。

また、バッチファイルを自分で作成しなくても、必要な情報をGUIのウィンドゥに記載するだけで設定が完了します。

プール登録画面:

このような形でプールの情報をサイトを頼りに埋めていけば、とりあえず採掘が可能になります。

Intensityなど細かい設定を変更したい場合も、別途設定可能です。

マイニングソフトは上述の通り、AMD、NVIDIAそれぞれに対応した主要なものが使用可能で、さらにコマンドラインオプションに互換性があれば(たとえば、特定のアルゴリズムに特化したccminerなど)自分の好きなソフトを登録して使うこともできます。

残念なのは、CryptoNight特化型のソフトはAMD向けのClaymoreくらいで、XMR-Stakシリーズなどが選べないことです。

(configファイルの設定方法が他の一般的なマイナーソフトと大きく違うことから対応が難しいのだとか)

私の場合はリグ2がXMR-StakでのCryptoNight専用機なので、こちらはAwesome minerからは制御(XMRとENTのどちらを掘るか切り替えるなど)はできませんが、幸いAwesome minerもXMR-StakのAPIにだけは対応しているので、稼働状況のモニターだけしています。

(その2の画像の3行目がそれです)

Awesome miner<その2> 複数のリグの管理

では、Awesome minerでは具体的にどんなことができるのか説明していきたいと思います。

まずは、複数のリグの一括管理です。

画面イメージ:

こちらがリグの管理を行うメイン画面です。

ちょうど、Awesome minerをインストールしているPC(1行目にLocalと表示されている)と、リモートで管理しているリグ(2行目にRig01 remoteと表示)、そしてコントロールはできませんが稼働状況をモニターしている別のリグ(3行目にExternal Miner #1と表示)の3台の稼働状況が表示されています。

この内、金貨の山のアイコンで表示されている2台のマシンはAwesome minerに付属のマイニングソフトを使っているので、Awesome minerからコントロールすることができます。

現在の状態は、whattomineの情報をリアルタイムで仕入れて、登録してあるプール・通貨の中からもっとも収益が高いものをAwesome minerが自動で選択して採掘しています(画像ではETNを掘っています)。

Awesome minerは各コインの時価と採掘難易度(diff.)をwhattomineなどのサイトから入手して、収益計算を行い、自動的に利益の高いコインに随時切り替えて採掘することが可能です。

切り替えのタイミングは5分以上、分単位で設定できます。また、ちょっとした差でしかないのに頻繁に採掘するコインを切り替えていると切り替え時のタイムラグ分ロスになるので、一定のしきい値を超えないとスイッチしないようにすることもできます(たとえば、現在掘っている通貨より5%以上効率がよくなったらスイッチする、など)。

さらに、Awesome minerではNiceHashから直接情報を入手し、収益の高いアルゴリズムを選んでNiceHashのプールを直接掘ることもできます。

上記の収益スイッチ機能と併用して、通貨直掘りとNiceHashを切り替えることもでき、これにより

「普段はETHを掘るけど、ETHよりNiceHashの方がもうかる時だけNiceHashで掘る」

というような事もできます。

また、NiceHashに限らず、Mining Pool HubやZpoolのような自動両替系のプールにも対応しています。

私はAwesome minerに管理を任せているメインPCとリグ1の2台に関しては、メジャーなアルトコイン数種類を選んで自動制御で掘らせて、NiceHashも併用することでいわゆる「祭り」にも勝手に対応してくれるように設定しています。

Awesome miner<その1> Awesome minerとは

このブログでは、マイニングソフトスイート(とでも呼べばいいのか?)の、Awesome minerを紹介します。

Awesome minerはスウェーデンのIntelliBreeze Softwareという会社が開発した、仮想通貨マイニングリグ管理ソフトです。

公式サイト(http://www.awesomeminer.com/

このソフトでできること:

  • 複数のマイニングリグ(PCおよびASIC)を一括管理する(稼働状況のモニターや、遠隔操作など)
  • whattomineなどの情報をリアルタイムで取得し、効率の良い通貨に切り替えながらマイニングする
  • 特定の条件に応じて、マイニングソフトを制御する(温度がしきい値を超えたらマイニング中断、とか)
1つのPCにつき、2つのマイニングソフト管理まではフリーで使えます。
たとえば、1台のPCでCPUマイニング+GPUマイニングとか、
普段使いのPCに導入して、リグ1とリグ2を制御、とかまでならフリーエディションで問題ありません。
私はメインPCとリグ2台の合計3台でマイニングしているので最近Standardエディションを購入しましたが、半年ほどフリーエディションのまま使っていました。
画面のイメージ:
これはダッシュボード画面のイメージですが、3台のマシンでETNと、ナイスハッシュのEquihashを掘っているところです。1日あたり37.87USDの収入ということみたいですね。
次項からはもうちょっとできることを詳しく説明したいと思います。

ブログはじめました。

仮想通貨をまったりマイニングしているサラリーマンです。
ちょっと人に紹介したいソフトがあったので、せっかくなのでブログ形式にまとめることにしてみました。
基本、きまぐれなので更新はしたりしなかったりだと思いますが、よろしければご覧ください。
あまりためになるような情報はお出しできないと思います。あしからず…。