マルチプールについて:Zpool編

12月6日の夜(日本時間)、NiceHashがハッキング被害にあったとかで、存続の危機に立たされているようです。

5chの初心者情報交換スレではNiceHashでハッシュパワーを売っていたマイナー達が、さながら難民のように代替えのサービスを求めています(12月7日現在)。

別途エントリーを書くかもしれませんが、NiceHashはほかのどのプールとも違う、とてもユニークなサービスを提供していたので、まったく同じことをする代わりのサービスはたぶんありませんが、

・収益効率の良いアルゴ・コインをスイッチしてマイニングする

・支払いをビットコインにまとめてくれる

という、結果だけを求めるなら、もっとも近いのはZpoolをはじめとするマルチプールと、Awesome minerやNemos minerなどのプロフィットスイッチ機能のあるマイナーソフトの組み合わせでしょう。

Awesome minerでのZpoolの使い方については次のエントリーで説明するとして、ここでは、まずZpoolの使い方を説明します。

Zpool(http://www.zpool.ca)は、非常に多くのアルゴリズムに対応したプールで、しかも、各アルゴリズムごとに複数のコインのマイニングに対応しています。

Zpoolが他のプールと異なるのは、他のプールが基本的に1種類のコインを指定してマイニングするのに対し、Zpoolは同じアルゴリズムの中で随時収益性の高いコインを切り替えてマイニングすることができるサービスになっています。

また、通常のプールのように、指定したコインをマイニングして、そのコインを報酬として受け取るのではなく、マイニングした金額に応じた額のビットコインに自動で両替して支払ってくれます。

このため、用意するウォレットはビットコインのものだけで済むのが手軽なところです。

実際の使い方としては、Zpoolのサイトにもあるように、マイニングソフトでZpoolのいくつかあるアルゴリズムのうちの1つを指定して、そのアルゴリズムに対応したマイニングソフトでプールを指定して実行します。

例えば、ccminerでequihash系のコインを掘る場合は、batファイルに以下のように設定します。

ccminer -o stratum+tcp://equihash.mine.zpool.ca:2142 -u <BTCウォレットのアドレス> -p c=BTC

すると、ZECやZENなどのequihashアルゴのコインのうちその時収益の良いものを自動で選んでマイニングしてくれます。

なお、ZpoolはRadeonが得意なethhash (Dagger Hashimoto)に対応していないので、どちらかというとGeForce向けのサービスになります。

(Radeon勢はMining Pool Hubがよいでしょう)

さて、ここまでだとコインの切り替えはできても、複数のアルゴリズムの切り替えはできません。なぜなら、通常のマイニングソフトはbatファイルでの設定時にアルゴリズムを1つに指定しなければならないからです。

では、どうやったらNiceHashの代わりたり得るのか、というと、ここでプロフィットスイッチができるマイナーソフトの出番なわけです。

Zpoolをはじめとするマルチプールは、その時々の各アルゴ・コインの収益性の情報をAPIで提供しています(確認したわけではないですが、正しくは各コインのdiffなど、収益性を計算するためのデータを提供しています)。

そのAPIに対応したプロフィットスイッチ可能なソフト、例えばAwesome minerやNemos minerを使えば、その時収益の高い(採掘しやすい)アルゴリズムに自動で切り替えが可能になるわけです。

次のエントリーではAwesome minerでどうやったらZpoolのプロフィットスイッチを設定できるか、実際の手順を説明しようと思います。

======================================================================================

と、言っておいてアレなんですが、個人的にはZpoolをNiceHash的手軽さで掘り始めることができるようにするためには、Awesome minerよりNemos minerのほうが簡単だと思います。

Nemos minerはGeForce専用のプロフィットスイッチマイニングソフトですが、ZpoolやMining Pool Hubでのプロフィットスイッチに特化した内容になっており、start.batというファイルを右クリック→編集でメモ帳で開いて、-walletとあるところに自分のBTCアドレスを上書きして登録すれば、あとは実行するだけでベンチマークからプールへの接続まで、全自動で行ってくれます。

(ver.2以降の場合です)

最近触ってないので、もしかしたら変わってるところがあるかもですが…ご参考まで。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です